どうもどうも、こんにちは。P.Zooのポンニャッツでございます。
いつも私のようなモノのページにお越しいただき本当にありがとうございます。(^^)
こちらのページは私個人のメモ書きというか備忘録みたいなページです。
まぁ、たいした事は書けませんが。(^^;)
 


No.7 Unity勉強中なんですが2017-05-29 22:46:23
只今、時間のある時にUnityの勉強をしているのですが、
正直、心が折れてしまいそうだぁぁぁぁぁ~~!!!・・・orz

とりあえずUnity関連の書籍を2冊買い、ざっと読んでみました。
別にアフィリとか貼る気は無いのでタイトルしか書きませんが(^^;)。

・Unityで神になる本
これを読んだからといってゲーム業界とかで神と言われるぐらいの
存在になれるというわけではありません。
Unityというツールの中において神のように天地創造な所業ができるという意味です。
初心者対象で非常に読みやすい本です。
唯一の不満はモデラーの紹介がBlenderじゃない事ぐらいでしょうか。
後、若干Unityのバージョンが古めですがそんなに気にはならないレベルです。

・ゲームの作り方 -Unityで覚える遊びのアルゴリズム-
やや中級者向けですかね。Unityの使い方は最初の0章だけで、タイトル通り、
アルゴリズムがメインです。モデルの作り方とかは無く、サンプル解析して使え的な
かなり割り切った感じの本です。(^^;)
まだ途中ですが、辞書的な使い方をする本なので、その都度参考にしたいと思います。

まぁ、Unity自体はそこまで難しいものでも無いのですが、想定外の事が多く、
色々作り方を変える必要があるため、結構苦労しています(^^;)。

まず、今まで使ってた六角大王との相性が最悪で、六角とUnityとの間にBlenderなど
別の3Dソフトを介さないとモデルが利用出来ない状況です。
次にUnityは動画再生が苦手なようでエロゲにおいて動画苦手ってありえないだろうと
絶望しておりましたが、よく調べてみると、どうも最新バージョンは出来る模様。
六角大王でモデルと動画を作り、BlenderでUnity用にモデルを修正?する感じかなぁ。
う~む、無駄が多い。本来ならBlenderでモデルと動画の両方をやるほうが効率的だけど
六角大王の神インターフェースからのコンバートなんて可能なのだろうか(^^;)
覚えるしかないかぁ。orz
 


No.6 これも時代の流れか2017-05-04 13:43:38
私の作ってきたソフトは全てFlashで作った物なんですが、
この愛用してきたFlashが、もう何年か前から世間的に限界をむかえております。(^^;)

今作りかけのものに関してはこのままFlashで作成するつもりですが、
さすがにそろそろ新しい環境が必要だろうなと判断し、年明け頃から
新環境について色々調べております。

とはいっても私のような貧乏人には安い開発環境が望ましいので
「Unity」か「Python」あたりだろうなと最初から思っており、
後はこの2強以外でいいのがないかという感じでした。

まぁ、色々調べた所、特定のジャンルに特化したようなものもありましたが、
やはり上記の2強ほどではなく、結局「Unity」か「Python」のどちらかになりました。

・Unity
最初「ユニッティ」と個人的に読んでましたが「ユニティ」だそうです。(^^;)
多分6年ぐらい前に初めて知り、スゴイものがでてきたと感動しましたが
当初は情報もまだ少なく英語ばかりだった為、何年後かにはメジャーになるだろうと思い保留。
手作りの迷路をただ闇雲に走り回るぐらいのゲームならプログラミング無しで作れる
恐ろしい開発エディタです。しかも無料(プロ版も有)。
現在、ゲーム業界のみならずゲーム開発に興味のある人で知らない人はいないでしょうね。

・Python
「パイソン」と読みます(^^;)。プログラミング言語です。
3DソフトのBlenderで利用できるのが強みです。
後、プログラミングを仕事(特にビジネス系)にしてる方にとっては、
仕事の幅が広がる言語なんじゃないかと思います。

で、この2強ならどっちといえばやはり効率を考えると「Unity」ですかね。
とりあえず現在、環境構築してチョコチョコいじっております。
使い方を覚えるのが面倒(^^;)
 


No.5 突然ですが・・・2017-03-22 13:13:10
「ポンコッツ」から「ポンニャッツ」に改名する事にしました。
まぁそんなに変わってないじゃんっていう話かもしれませんが(^^;)
実は年が明けてからちょこちょこページをいじっているのですが、
グーグルとかで「P.Zoo」や「ポンコッツ」で検索してもほとんど検索されず
「けもの」とか「同人」とか付け加えてもほとんど引っかからなかった為、
曖昧検索で引っかからないのは仕方ないにしても直でも引っかからないのは
さすがにダメかなぁという事で改名する事にしました。
元々、サイトを作る時にいろいろ名前が必要になり、「・・・ポンコッツとか
でいいかなぁ」、「ケモノがたくさん出てくるから動物園的な」、「じゃP.Zoo か」
という安易な感じで作り、検索とか全くしておりませんでした(^^;)
そんな名前でも5年以上つかってますので愛着もありますが、
pixivをはじめるにあたり名前だけでも変えてみる事にしました。
ポンニャッツ・・・ちょっとカワイイ(^^)
今後ともヨロシクです。
 


No.4 PHPに変更2017-03-18 21:21:53
何とケモノサーバ様がお絵描き掲示板のプログラムをご提供してくださる事になり、
P.Zooでも利用させて頂く事にしました。
さらにそのお絵描き掲示板のプログラムでJavaScriptで管理していた
この「ひとりごと」ページもPHP版に変更しました。
PHPさわるのは6~7年ぶりぐらいですけどやっぱりJavaScriptより融通がききますね。(^^;)
最低でも無限ループ的な不具合だけは起こさないよう気をつけたいと思います。
 


No.3 あぁ、そうそうスマホね・・・2017-02-18 16:59:20
P.Zooをオープンしてもう5年以上経ちますが(そんなに経ってたんだ^^;)、
その当時はレスポンシブなんて言葉も聞いたことが無く、
スマホ表示を意識した作りにもしておりませんでした。
しかし、新しく作るページは対応した方がいいと思ってたのですが、完全に忘れておりました。orz
でもやるとなると結構大変なので何かいいアイデアが思いつくまでチョット保留。
 


No.2 いきなりつまづくJavaScript2017-02-17 16:57:16
実はこのひとりごとページ、作るにあたってまあまあの時間を要しております。しかもまだ途中。
原因としては設計もせず、いきあたりばったりで作ったからで、趣味でやってる事とはいえ、
今回はさすがに少し後悔しました。

正直、P.Zooのページはシンプルに作っておりますので、ひとりごとページもシンプルにと
思ったのですが、ふと「検索できたらイイな・・・」と頭の中で悪魔のささやきが聞こえ、
「いやいやけものサーバ様からこちらをお借りする時、CGIは使用しないで登録したからそりゃ無理だよ」と天使が言うと
「でもひとりごとがたくさん増えたりするととんでもなく不便だぜ」と悪魔がささやきます。
この場合環境のせいにして逃げる方を天使、UIを良くしようとしてる方を悪魔と表現してますが、
私的にはどっちもどっちなので特に気にしません。(^^;)

まぁなんだかんだで、やはり検索したいと言うことで、作るとすると大体以下のどれかあたりになると思います。
①けものサーバ様にお願いしてPerlなりPHPなりを使用できるようにしてもらって作る。
②FC2ブログなどのサービスを利用してそちらへリンクを貼る。
③JavaScriptでそれっぽいのを作る。

まず①番、お願いすればすぐに実行環境を構築してもらえると思うのですが、ただ私の拙いプログラムで
ご迷惑をおかけするような事があってはなりませんし、ワードプレスなど既存のものをインストールするのも
やりたい事に対して随分おおげさな気がします。
②番、結構現実的ですが、広告とかがきっとウザくなってくるだろうなぁ。
③番、仕事だったらまず選択肢にもあがりませんが、とりあえずはこれで十分な気がしました。

とりあえず③番で様子をみようと作成してみました。まだ検索はできませんが・・・(^^;)
 


No.1 とあるケモナーのひとりごと2017-02-16 16:52:04
どうもどうも、こんにちは。P.Zooのポンコッツでございます。
いつも私のようなモノのページにお越しいただき本当にありがとうございます。(^^)
いきなりですが、今年は新しい事をはじめようと思っているのですが
それにともない何かメモ書きというか備忘録みたいなのが必要になり
とりあえず版ですが、ひとりごとのページを作ってみました。
おそらくケモノ以外が多くなりますが、最終的にはケモノコンテンツを作る為に
必要なことがほとんどです。
ひとりごととか言って見てもらいたい感たっぷりなどというツッコミはご勘弁くださいね(^^;)
亜人ちゃんだけでなくケモナーだって語りたい事はあるのです。(^^)
 


PAGE: 1
・戻る
 
[記事一覧]
全表示(最新10件)
・No.7:Unity勉強中なんですが
・No.6:これも時代の流れか
・No.5:突然ですが・・・
・No.4:PHPに変更
・No.3:あぁ、そうそうスマホね・・・
・No.2:いきなりつまづくJavaScript
・No.1:とあるケモナーのひとりごと